デモクリトスや原子などについて授業しました

原子などについて教育しました。デモクリトス(紀元前460〜370)という人類は、物質は「これ以上分けられない一品」からできていると考えました。しかし、これは認められませんでした。古代ギリシャでは、「すべての物質は火、水、大地、イメージからできている」と考えられていました。これは、欧州で長く信じられてきました。古代エジプトの年から、ありふれたメタルから財産をつくるという探査が行われてきました。錬金術によって、財産はつくることはできませんでしたが、塩酸や硫酸などの試薬や各種試験器械がつくられました。煮沸(1627〜1691)は原子は試験によって、それ以上単純なものに動機付けられないことを考えました。アボガドロ(1776〜1856)は、水素や酸素などのガスは1個の原子ではなく、いくつかの原子が結びついてできている。同温、同ストレス、同分量のガスには同数の分子が含まれています。アボガドロは、ガスを分子と考えました。結構勉強になりました。