レゴランドの客を見込んだはずが・・・。メイカーズ・ピアの失敗は本当は防げた。

名古屋のレジャーランドとして人気を集めているレジャーランド「レゴランド・ジャパン」。レジャーランドの時代が終わったと言われる中、比較的好調を維持しているレジャーランドとして注目されています。しかし、レゴランドの外では過酷な競争が起こっています。レゴランドの横に開業したメイカーズ・ピアのテナント3店舗が、開業わずか5ヶ月で撤退することとなったのです。メイカーズ・ピアはレゴランドとの相乗効果で年間300万人の来場を見込んでいました。しかし、レゴランド側が年間パスポートを持たない客の再入場を認めなかったため、レゴランドの外に人が流れることがなく、メイカーズ・ピア側に人が来なくなってしまっているのです。ですが、これは本来予見できた事態のはずです。最近では、東京スカイツリーではスカイツリーの外のお店に人が来ないことが問題化しています。もはや、大型施設の横に飲食店を作って儲けるビジネスモデルは通用しないのです。なぜ、メイカーズ・ピアは東京スカイツリーの事例から学ばなかったのでしょうか?世の中にアンテナを張っていないと大損をするのです。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/