好きな人をなかなかあきらめられないです。

好きな人の事をなかなかあきらめられないです。ヘタに、メールはいつでも下さいと言ってくれたから、一応断ったけど、本音は私の事少しは好きなんじゃないかしら?と期待を持ってしまいます。映画「日の名残り」を最近観ました。偶然ノーベル文学賞を取ったカズオ・イシグロさんが書いた小説だったんですね。あの映画の中で執事役のアンソニー・ホプキンスが、エマ・トンプソンに対して恋愛感情がありそうなのに、生真面目で恋愛に対しては完璧に不器用だからか、何も言えずという感じだったのですが、私の好きな人もかなり生真面目な人みたいだから、お互いに結婚してるし、不倫なんて彼の辞書にはないのかもしれないし、まして相手はお客様では完全にアウトなのかもしれないので、だから一応断ったけど、もしかして本心では私に少しは気があるのではないかと期待してしまうわけです。でもメールにもいっさいそんな言葉はないし、いつも聞いた事に答えるだけで、他にはよけいな事はいっさい書いてないし、もしかして適当に返信しておけば、そのうちメールも来なくなるだろうと、思っているのかな?わからない。聞く勇気もないです。「日の名残り」と同じパターンだといいな。http://www.fxanimation.co/