甥っ子のアンパンマンの溺愛っぷりがすごい

私にはもうすぐ3歳になる甥っ子がいるのですが、彼はアンパンマンを愛してやみません。
かれこれ1年前くらいから、アニメやテレビを見るようなって、いっしょに歌を歌っていたりします。
甥っ子を妹からときどき預ることがあるのですが、機関車トーマスよりも、しまじろうよりも、アンパンマンの動画が大好きなようです。
いろいろなおもちゃや絵本は、新しいものをあげてもしばらくすれば飽きてしまうのに、アンパンマンはずっと飽きないらしいです。
それも、タブレットで同じ動画を繰り返し繰り返しみても、いまだに大喜びするんですよね。
世話をする分には楽でよいのですが、ちょっとバカなんじゃないだろうかと思うくらいの溺愛っぷりなんです。
でも、いまだに甥っ子の口からアンパンマン以外のキャラクターの名前は聞くことがありません。
ジャムおじさんやバタコさんは「さーん」、バイキンマンは「バイ」、ショクパンマンやカレーパンマンは「マーン」と呼んでいます。
それはそれでかわいらしいのですが、そろそろ他の言葉も覚えたほうがいいのではないかと心配になります。

掃除をする時間帯や天候というものに関して

掃除をする時というのはどんな天候が良いのかと思うことでしょうが実は雨の日の方が良く埃が飛ばないということがありますのでメリットがあると言われています。窓拭きなどは湿気も強くなりますから、これも大きなメリットがあるといえるでしょう。勝手に掃除をしてくれる機械というのは今はそれなりに販売されていますし、お勧めできることも多いのですが、どうしても細かいところ掃除は自分でやるしかないということも多いですから掃除に関する基本的な上席というのは知っておいた方がいいに決まっています。料理もそうなのですが、生活に関するスキルというのは、意識的に身につけるようにしたほうがよいのでこれは覚えておくと良いでしょう。だからこそ、掃除と言うのも知っておく価値があるわけです。雨の日に掃除をするというのは埃が飛ばないことにもなりますので、お勧め出来ますからそうした日に実行するとよいでしょう。掃除もする日を考えることです。http://www.transformingfinance.co/